爆発奥さん 地味人妻の秘められた肉欲&爆発BODY!脱...

夫婦念願の田舎暮らし…だがそこで農業従事者様のデカチン...

友達の母親~最終章~ 長谷川ユリア

人妻の浮気心 広仲みなみ

先輩の奥さんと即ハメW不倫 最高の浮気相手と時間の許す...

SNSで出会った美人主婦が裏アカでオフパコ!夢のような...

嫁の妹の腋に発情してしまった俺

【VR】エロい美貌人の妻の理性が振り切れるほどに絡み合...

温泉浮気妻 夫に内緒で乱れる人妻の中出しをせがむ本気穴...

【VR主観妊活】「愛を深める妊活の秘訣!」夫婦一緒に学...

人妻リアル不倫 流出ラブホ盗撮 4

痴女に目覚めた人妻がAV出演|大槻ひびき

一般男女モニタリングAV マジックミラーの向こうには愛...

【4K】シン・素人マスク性欲処理マゾメス

シロウト人妻|上村さつきさん|乱れ姿…w

続 友達の母親 北条麻妃

揉みたい若妻 北川エリカ

夫婦で挑戦!大槻ひびきの凄テクで夫が2回イカされたら妻...

愛妻交換 上司、後輩それぞれの妻が他人棒で燃えた交代制...

同窓会で妻が初恋相手にNTR寝取られた一週間の帰郷 東...

マドンナ専属として初めての黒人作品!! 黒人に溺れた人...

舌を絡ませるのは心まで堕ちた証。夫以外の男と唾液交換を...

シロウト人妻|深田三久さん|乱れ姿…w

連れ子NTR 母の再婚相手……義父の巨根で突かれた嫁入...

癒し系巨乳たぬき顔の美人妻ゆなさんが、超エロな秘密を暴...

人妻の浮気心 妃ひかり

配信限定 マドンナ専属女優の『リアル』解禁。 MADO...

人妻のふともも 気持ちよすぎる腿こき3

JET映像祝7周年 豪華版ベスト!!上巻 2021年 ...

新・償い8 ~許してもらうために身体を捧げた妻~ 三尾...

人妻体験談

初心な人妻と出会った!浮気なんてしたこともないって聞いたら…?

  1. HOME >
  2. 人妻体験談 >

初心な人妻と出会った!浮気なんてしたこともないって聞いたら…?

出会いチャットで知り合ったうぶな人妻の告白!

最近、チャットで出会った20代後半の人妻が私のメッセージに反応して入ってきました。

昼過ぎに、彼女は会社からのチャットだったと言いました。

私は彼女が悪戯か冷やかしをしていると思いながら、話を進めていきました。

しかし、会話の中で彼女は真面目で、浮気をしたことも旦那以外の男性と手も握ったこともない初心な人妻だったことがわかりました。

当然、私は性に関する願望や妄想が、頭の中で駆け巡っているのを察しました。

まずは色々と世間話もしながら、住んでいる場所の情報を聞き出しました。

私は関西出身ですが、彼女は九州の人でした。

場所が遠いこともあって、話を具体的に進めるにあたり、彼女はやはり不安な気持ちを表現してきました。

そこで、私たちは電話で少し話すことにしました。

彼女は公衆電話からかけてきました。

声を聞いて、彼女も安心したようで、具体的な話をしてくれました。

私も彼女の声から、彼女がネット上で偽っているわけではないことがわかり、やる気になりました。

実際に彼女と休みの日を話していると、今月は忙しくて会えないと言われました。

しかし、10月の始めに会うことで具体的に話を進めることになり、こんなことを言われました。

「丁度その頃に生理になりそう・・・」。

この言葉で、最初は会うだけでと言う話だったのに、もう両方の気持ちはすでに決まっていると確信できました。

そこで、急いで行動しようと決めました。

明日は会社が休みではないが、誰も居ないので、午後から会うことを決めました。

すぐに新幹線のチケットを手配して、明日の午後1時に彼女がいる駅に到着し、彼女を迎えに行くことを約束しました。

その時、彼女の携帯番号を貰いました。

話が終わってから、彼女とのメールで、自分の写真を送ってもらいました。

声からの予想通り、彼女は小柄で可愛い奥さんでした。

私はとても安心して、次の日に新幹線での小旅行に向け、準備を進めることができました。

駅に到着して、待ち合わせの相手と成功裏に会えたことがわかり、ほっと一安心しました。

彼女は小柄で可愛く、20代前半に見える程の感じがとても魅力的でした。

待っていた間、彼女の仕事である手荷物の配送を手伝うために、共に彼女の会社で待ちました。

ただ、彼女の会社は、小さな出張所で上司は一人だけの会社でした。

二人は会社のソファに座り、出されたお茶を飲みながら普通の話をしていました。

その後、手荷物の手配が遅く、時間がたつことがもったいなく感じられ、彼女の顔に手を添えて軽くキスをしました。

彼女は喜んで受け止め、舌を入れるキスにも受け入れてくれたため、二人は止まることができなくなりました。

私のペニスは、旦那以外の男性器を見たことのない初心な彼女に見せたかったため、ズボンの上から触れさせました。

しかし、何も口に出さず、硬直したまま下を向いている彼女を見て、私は少し戸惑いました。

息が荒くなっていたため、私はペニスを取り出し、直接触らせました。

これにより、彼女は大きくて硬いものに目を潤ませながらも、動くことができませんでした。

「ここを擦ってごらん」と言って、彼女に手で擦らせながら、口に持っていこうと試みましたが、彼女は口ではできないと言って拒否しました。

そのため、私は無理をせず、自分から攻撃をしていきました。

外の廊下を行き来する人の足音が聞こえる中、彼女を抱き起こして机に腰かけさせ、ゆっくりと足を開かせました。

彼女は素直に足を開いたため、可愛い黒い綿のパンティが見えてきました。

私は彼女の股間を指で摩りながら、キスをし、彼女の手に私のペニスを握らせることに成功しました。

そして、私は彼女のパンティを脱がし、彼女を大開脚にしてクンニをしました。

しかし、彼女は見た目に反して毛深かったため、私は毛を掻き分け、クリをしっかりと舐めました。

それにより、彼女は淫水を滴らせ、とても激しく感じているようでした。

私は、彼女の身体をなで回してから、コンドームをつけずにそのまま私のペニスを彼女のおまんこに挿入しました。

初めての性行状態であり、子供を産んでいないためSEXも経験が少ないため、緊張した感触がありました。

さらに、彼女の制服のボタンをはずし、柔らかいマシュマロのような胸が見えました。

私は乳首を舐めながらおまんこをかき混ぜ、机の上はすでに洪水状態になっていました。

そのまま机の上で犯し続けると、彼女は私の手を強く握ってきたので、気をやって激しく突き上げました。

後に、彼女は私に「SEXのやり方を教えて欲しい」と言ってきました。

私は彼女の要求を叶えて、彼女が手をつかせて後ろから突き上げるよう指示しました。

しかし、ちょうど人が来る時間になったので、ロッカーに行きました。

私たちはロッカーから出るまでに前からと後ろから犯し、ドアをノックする音で手荷物の集配が来たので、急いで仕事をこなしました。

仕事が終わると、入り口に鍵をかけて、大きな会議用の机に彼女を寝かせ、覆い被さって犯し続けました。

この頃には、彼女は声が出せず、必死に口に手拭いを当て、快楽に耐えていました。

こんな経験は人々にとって興奮を引き起こすものであり、仕事中に犯す経験は人々を興奮させます。

3回も行った後、最後にはコンドームをつけて終了しました。

その後、私たちは喫茶店でたくさん話をしてから、彼女に駅まで送ってもらって帰りました。

2回目は遠すぎるので、行くつもりはありません。

これで、私たちの関係は終わります。

-人妻体験談
-